MT4自動売買との出会いが私のFXを一変させました

By: Emery Way

FXに着手したものの、思うような成果が出せないまま、何年かが経ちました。自分にFXは向いていないのかと思い始めてきたころ、MT4自動売買に出会ったのです。MT4とは、ロシアのメタクォーツソフトウェア社が開発したFXトレードソフトのことです。こんな高機能のソフトが無料で使えるのですから、まるで夢のようです。

なぜ、MT4の人気がいいのかといいますと、豊富な機能と使い勝手の良さが抜群に優れているからです。とりわけ、テクニカル分析機能に関しては、おそらく、世界中のどのFX業者が提供しているツールよりも充実しているでしょう。なにしろ、MT4では最初から20種類以上のインジケーターが用意されているのです。トレンドラインや平均移動線、チャネルラインなども、すべて初期設定で用意されているのです。もちろん、これらは制限なく自由に使えます。私のような初心者でも、簡単につかいこなせました。

MT4の最も大きなメリットは、売買ルールの検証、自動売買ができるという点にあると言っても過言ではありません。得てして、実戦での取引においては、自分の感情が入ってしまいがちです。しかし、そういった裁量取引ではなく、自動売買によるトレードをシステム的に行うのですから、そこに、人間的感情が介入する余地はありません。

コンピューターが、システムトレードで、文字通り、24時間の売買をするのです。私など、勝手な個人的憶測で相場を観測したりしていましたが、結局は、すべて失敗に終わっていました。MT4ですと、そういった個人的感情が全く入りませんので、合理的にトレードができたのです。

私がFXに開眼したのは、まさにMT4に出会ったおかげです。ことほどさように、MT4は、トレードソフトとして、地球上も最も多く使用されているのです。無料で使えるのが信じられないような高性能ソフトです。

投資ライフを豊かにするため、休日は勉強するべし。

By: Scott Akerman

こんにちは、私は30代の投資家です。私は株とFXのトレーダをやっています。今日は投資ライフを豊かにするためトレーダーの休日の仕事を書いてみたいと思います。今日は幸いにも土曜日の休日なので市場は開いていませんのでじっくり考える時間があります。よって土日にやることをイメージできると思います。

さて本題です。投資家が休日にすることは気持ちを切り替えて遊ぶことではありません。常に投資家は過去にトレードした内容を反省して、次に繋げなくてはなりません。よって時間のある土日は過去のトレードを反省する絶好のチャンスになります。しかし、いったい何を反省すればよいのでしょうか?反省する内容は人それぞれだと思いますが、今日は私のやり方を書いていきます。

まず第一に負けたトレードを見直します。負けたからには何か理由があるはずです。例えば株なら、どうしてその銘柄を選んだのか?買ったタイミングは良かっのか?売ったタイミングは良かったのか?損切りは確信のあるものであったか?などです。繰り返しになるかも知れませんが、FXではどうしてその通貨ペアを選んだのか?買ったタイミングは良かったのか?売ったタイミングは良かったのか?損切りは確信のあるものだったなどです。

それが終わったら勝ったトレードを反省していきます。株ならば計画通りに売買が実行できて、利益確定が適切なところで行われたか?FXならば売買したタイミングが適切であっただろうか?欲張らすに計画どうりに利益確定ができただろうか?これら勝ったトレード負けたトレードをすべてノートに記録しておけば、忘れても後で読み返すことができます。凡人はここまではできるでしょう。

しかし、このノート書いたことは忘れてしまった後ではダメです。忘れる前に読み返す作業をしなくてはなりません。これをいつやれば良いのか?はい、それは土日ということになります。こう考えると休日もトレーダーにとっては仕事の一部だということになります。

ランドで数十万損してしまった事例と下がる事は無いとの思い込み

By: Kevin Dooley

FXの初心者の方は、ランド円に興味を持っている事があります。いわゆる南アフリカランドの外貨ですが、かなり低めなレートで推移しているのが特徴的ですね。現時点では9円台になっているのですが、他の外貨と比べてもかなり低めな数字になります。米ドルなどは120円を大きく超えていますし、ユーロなどはもっと高い数字ですね。

そしてランドは、比較的落ち着いた動きをしています。米ドルの場合は1日に0.6円くらい動く事も多いですが、ランドの場合は0.2や0.3といった具合です。その落ち着き具合により、その外貨に興味を抱いている方も多く見られるのですね。

ところで以前にある初心者の方が、ランドに興味を持ちました。そしてある時から、ランドで売買をするようになったのです。比較的落ち着いている動きなので、最初の内はとても順調だったようです。目立って大きな利益も発生しませんが、大きな損も無いので、とてもやりやすいと感じていました。

ところがある時から、急にランドが下落してしまったのですね。1円くらい下がってしまった事で、その方には大きな損が生じました。恐らくかなり多くの枚数を保有していたのでしょう。それでFXから、一時撤退してしまったようです。今では思い直して、また別の外貨で売買を行っているようなのですが。

ところでなぜ上記の方がランドで損になってしまったかと申しますと、思い込みなのですね。ランドは下がらないのではないかと、勝手に思い込んでしまっていたようです。かなり落ち着いた動きが継続しているので、まさかそれが崩れることは無いと信じて疑わなかった訳ですね。しかし実際にはそれが裏切られた形になります。FXには、そのような怖い一面があるのですね。

このように思い込みによって大きな損が発生する事は、意外とよくあります。実際には、外貨は案外大きく動くものなのですね。現在も米ドルは120円前後になっていますが、今後それが90円以下になる可能性もゼロではありません。まさかの事態を想定しておく事は、とても大切だと考えます。

初心者でも早くFXで儲けを出すにはどうすれば良いのか

By: Allan Ajifo

FXというのは、日本円で外貨を買い、売買することで利益を上げる一種の金融商品です。日本語で表すと「外国為替証拠金取引」と言い、外貨預金とは異なる商品です。初心者の方でも簡単に始めることができ、株式市場よりも動向を予測しやすいという点で人気が集まっています。FXで儲けを出すためには、必ず「外貨を買った時よりも高い値がついているときに売る」という事が基本となります。

買った時の値より安いときに売ってしまうと、損失が出てしまい儲けにはなりません。例えば、1ドル=100円の時に10ドル購入したとします。翌日、1ドル=110円になっていたと仮定し、全部売り払ってしまえば、100円の利益を出すことができます。しかし、1ドル=90円になっていた場合は、全部売っても900円にしかならず、100円の損失を出してしまうことになります。

これが、FXの簡単な仕組みです。要は、購入した時に比べ、高いときに売り払えば利益を手にすることができるという事です。ただし、FXにはレバレッジやスワップポイントと呼ばれる制度があります。

レバレッジとは、少額の証拠金で最大25倍までのお金を動かすことができる制度です。最大で25倍まで動かすことができるという事は、その分利益が出れば大儲けという事になります。しかし、ハイリスクですので、市場が反発してしまえば、その分の損失を出してしまうこともあります。
次に、スワップポイントですが、これは利息と同じと考えてください。金利の低い通貨を売り、金利の高い通貨を買うことによって生じる利息の事で、保有している期間と金額に応じてお金をもらうことができます。しかし、金利が逆転した場合は、逆に支払わなければならないこともあります。

このように、初心者でも簡単に行うことができるFXですが、レバレッジなどを行ってしまうと大きな損失を出してしまう恐れがあります。なので、常に海外の経済動向に目を向けつつ、上手に外貨を運用していくことが、手っ取り早く儲けを出す方法です。

ナンピンでコツコツ稼いだ利益を欲で失ってしまった事例

By: tostadophoto.com

欲は、とても恐ろしいものだと思います。特に投資を行っている時は、本当に気をつけた方が良いでしょう。なぜなら欲によって、自分の資金が大きく減ってしまっている事例も見られるからです。

というのも去年の話なのですが、ある初心者のトレーダーの方がFXで売買をしていたのですね。仮にその方お、Aさんとしましょう。Aさんのやり方は、とても堅実でした。コツコツとナンピンで利益を積み上げていくやり方だったようなのですね。確かにナンピンは、やり方次第では稼げる可能性を秘めています。逆張りトレーダーの方々は、よくそれで売買をしていますね。それで数ヶ月くらいはコツコツと利益を積み上げている状況だったのですが、Aさんは千枚単位で売買をしていました。

ところがある時から、Aさんは欲が出てしまったようなのです。かなり好調なので、もっと多い枚数で売買をしても問題無いと思い始めたのですね。それである日Aさんは、1万枚単位で売買をするようになりました。ところが、そこから大変な事になってしまったようです。外貨の動きが、いつもと違う状況になってしまったようなのですね。いつものAさんのやり方が通用しない状況が到来し、大きな損になってしまったのです。1万枚での売買をしている訳ですから、その金額は相当なものだったようですね。

それで今までナンピンでコツコツと積み上げてきた利益が、一気に無くなってしまったようです。何とも怖い話ですね。しかしFXでは、よくある話だと思います。Aさんが失敗をしてしまった理由の1つは、冒頭でも申し上げた欲ではないでしょうか。ちょっと欲を出して1万枚での売買をしてしまったために、一気に損が拡大してしまったのでしょう。1,000枚で売買をしていれば、早いタイミングで損切りをして、それを回避できたかもしれませんね。

ですのでFXでは、あまり欲張らない方が良いと思います。正直気持ちは分かりますが、それを自制するメンタルの強さもこの商品では大切だと思う次第です。

私のこれからのFXライフ第一歩を書いてみました。

By: Allan Ajifo

こんにちは、私はFX初心者のフリーターです。今日は独立してネットで稼いでいく生活していこうと思い、会社を辞めました。そうゆうこともあって、これからのFXライフの第一歩について書いていこうと思います。会社からの給料は全部貰ってしまったので、頼れるお金は貯金しかありません。よってできるだけ負担のかからない方法でFXを始めたいと思っています。

初めにFXを始めるには、FX会社に口座を開く必要があります。その時、普通に口座を開設するのは初心者には負担が大きいです。初心者でも、どうすれば負担が少なくて済むのか調査したところ、口座開設はポイントサイトを使えばポイントが付き、特なことがわかりました。

早速、ポイントサイトを検索しました。しかし、ポイントサイトも何種類もあり、どれが良いのかわかりません。よってメジャーな二社を登録しました。そのポイントサイトはモッピーとげん玉です。私はこの二つのポイントサイトでポイントが高い方のFX会社に口座を開設することにしました。

しかし、いくらポイントが高いといっても、その会社の信用を調べておかなくてはなりません。口座を開いてお金を預けた後に倒産して貰っては困るからです。会社の内情まで知ることはできません。それに、そこまで知る必要もないと思います。よって、会社の状態をネットで調べることにしました。実際に口座を開く候補になったのが、DMMFXです。私はこの会社を気に入りました。よって今日はこの会社をことを4つ書いてみたいと思います。

1つ目はDMMFXはポイントサイトから口座開設すればかなりポイントが貰えます。しかも、貰える条件が簡単で良いです(2015年現在)2つ目は世界でもトップクラスの取引量を誇る会社です。3つ目は手数料が無料です。スプレッドもかなり小さく気に入りました。4つ目は取引できる通貨ペア多さです。自分の気に入ったものを選ぶ選択肢が増えて良いと思います。

アルバイトよりもFXで副業をする方が良い2つの理由

By: Z S

お金に困っている方々などは、たまに二足のわらじを履くことを検討しています。いわゆる副業ですね。サラリーマンの方々などは、それを検討しているケースは非常に多いようです。不動産物件に投資をしようと考えている有職者の方々も、非常に多いと言われています。もちろんFXも、その1つなのですね。

ところでサラリーマンがお金を稼ごうと思うのであれば、アルバイトという選択肢もあります。一部の会社では、アルバイトによる副業を強化しているようですね。実際私が過去に知り合ったある男性は、二足のわらじを履いていらっしゃいました。普段は会社で仕事をしていますが、夜の時間帯にアルバイトをしているやり方だったのですね。そのような方々は、意外と多く見られます。

それも1つのやり方なのですが、アルバイトよりはむしろFXの方が効率が良いと考えている方もいらっしゃるようです。それには、主に2つの理由があるようですね。まず1つ目ですが、やり方次第で大きく稼ぐことができる点です。この外貨を用いる投資商品は、確かに大きく稼げる可能性を秘めているのですね。ちょっと頭を使う必要があるのですが、資金配分やロスカットなどを徹底していれば、却ってアルバイトよりも効率良く稼げる一面があります。

特にスキャルピングなどでは、かなり効率良く稼げるのではないでしょうか。アルバイトの場合は数時間ほど働かないとまとまった資金を確保できませんが、スキャルピングでは数十分程度で大きく稼げる可能性があります。まずその資金効率の意味で、アルバイトよりもメリットが大きいと考えているようですね。

それともう1つのメリットは、場所です。アルバイトをするとなると、所定の場所に行かなければなりません。どこかのオフィスでアルバイトをするならば、少なくとも職場に対する出勤が必要になります。しかしFXは、どこかに行く必要は一切ありません。ネット接続ができるのであれば、場所不問なのです。つまり資金効率と場所という2点が、FXがアルバイトよりも優れている点になります。

ニュース時にFXの米ドルよりもリバウンドが発生しやすいポンド

By: Mike Cattell

外貨というものは、それぞれ色々と特徴が異なります。どれも同じような動きをしているように見えて、実はかなり違うのですね。特にイギリスのポンドという通貨などは、なかなか特殊な動きをしていると思います。リバウンドに関する動きなどは、他とは一線を画すと思っているのです。そもそもニュースが発表されますと、FXの各通貨はもちろん大きく動きますね。アメリカの失業率などが発表されれば、少なくとも米ドルなどはかなり大きな動きが発生するのですが。

ちなみにそれは、他の外貨も同様です。前述のポンドも、それでかなり大きな動きが発生します。そしてその通貨の場合は、リバウンド発生率が極めて高いのですね。まず大原則として、ニュースが発表された時にはリバウンドが発生する確率が極めて高めになります。例えばアメリカの必要率が発表されて、米ドルがすごい勢いで下落したとしましょう。よくあるパターンです。ところがその下落はずっと続く訳ではなく、どこかで跳ね返しの上昇が発生する事になります。
それがいわゆるリバウンドなのですが、実は「必ず」発生するとは限らない一面があるのです。上記のように米ドルが急落した後に、しばらくの間低い値段をうろうろしているケースも非常に多いのですね。いわゆる低迷という事になります。

ところがは前述のポンドの場合は、ちょっと話は異なります。急落した後に、かなりの勢いで上昇する事が多いのですね。そして、その確率がかなり高いです。米ドルの場合はリバウンドが発生する確率は、個人的には70%くらいだと感じます。ところがポンドの場合は、90%などを超えているのではないでしょうか。明らかに高めな数字なのですね。それを考慮すれば、やはりイギリスのポンドという外貨はかなり特殊だと思います。そしてリバウンドが発生する確率が高い訳ですから、もちろんそれを狙って売買をするやり方もあります。ですのでFXのポンドは、経済指標向けの通貨の1つなのかもしれませんね。

FXのブログを読むメリットとナンピンの枚数調整の情報

By: GotCredit

私はたまに、FXに関するブログを読んでいます。ちなみに読んでいるブログは、1つだけではありません。色々なブログを読んでみているのですが、それはとても参考になります。それを読んでみると、売買に関するヒントが得られるケースが多々あるからです。

ここ最近では、私はもっぱらナンピンによる売買を行っています。ちなみに以前は、そのやり方での売買を行っていなかったのですね。完全に独自のやり方で売買を行っていたのですが、ちょっとブログに感化されたのです。

ある時に私は、何気なくある方が執筆したブログを読んでいたのですね。それでそのブログ記事の1つに、とても興味深い内容がありました。ナンピンによる利益の方法が書かれていたのです。

最初私は、ナンピンに対してはちょっとネガティブなイメージを描いていたのですね。一歩間違うと大きな損が発生する可能性を秘めているので、とても危険なやり方ではないかと思っていた訳です。ところがそのブログで紹介されているやり方を、先日ちょっと忠実に実行してみました。すると、思わぬ利益が発生したのですね。

そのブログで紹介されているやり方は、枚数調整を強調しています。ナンピンというと、1枚ずつ増やしていくようなイメージを持たれている方も多いかと思います。実際確かにそれも1つの方法なのですが、あえて枚数を多めにしてみる訳ですね。それで上手く調節をしてみると、大きな利益が生じる事が多々あるのです。

現在も私は、経済関連の報道が発表されるタイミングでは、その方法でFXの注文をしています。以前はニュースが発表されるタイミングはちょっと苦手だったのですが、現在の私にとってはむしろチャンス場になっています。ちなみに、いわゆる逆張りを用いる方式になるのですが。
このようにFXに関するブログを読んでみますと、思わぬ有益な情報を得られる事があります。何らかのやり方を学びたいと思うのであれば、ちょっとブログに目を通しているのも一法ですね。

FXはハイリスクハイリターンとローリスクローリターンを兼ね備える。

By: JD Hancock

ローリスクローリターンの投資。いわゆるコツコツ利益を出して行くという投資、今はそういうことも可能なのかもしれません。投資と言いますと、やっぱりすぐに頭に思い浮かぶのが、株取引や先物取引なんじゃないでしょうか。でも、株取引や先物取引で、いったいどうやってローリスクローリターンをめざしていくのでしょうか。そもそもコツコツ利益をだしていくっていうようなものじゃない。どうも割り切れないものでして。

ひとつの考え方として、今、ものすごい勢いで延びておりますFX取引というものがございます。これも確かに一概にはローリスクローリターンの投資と言い切ることはできないんですが、トレードの仕方次第では充分にリスクを軽減して運用していくことも可能なんですね。ここが他の金融商品と違うところなんです。ようはやり方でした。FX取引での利益の出し方は一通りではないんです。一般的には少ない資金でレバレッジを効かせて大きな取引をするっていうのがツウなんですが、これはローリスクローリタンの投資ではございません。真逆のハイリスクハイリターンの投資ですね。

ローリスクローリターンの投資がイチオシだっていうそのわけは、もう、言うまでもありませんね。こんな時代でございますから、安定が一番でございます。だからこそ、スワップポイントで利益を目指すっていう方法がおすすめなんです。これは金利差で儲けるということ。日本は世界の中でももっとも金利が低いとされております。だからこそ、このスワップポイントで利益を目指して行くにはちょうどいいんですね。FXトレーダーの中には、このスワップポイントだけを追ってる方も多い。それだけ儲かる確立が高いということ。

特筆すべきところは、FX取引ってものは、ハイリスクハイリターンの特徴もあるんですが、ローリスクローリターンの特徴も兼ね備えてるってこと。どっちを選ぶかはトレーダー次第でございます。おそらくご自分の最適な投資スタイルというものがあるはずですから、それがすべての原点になるのだとは思います。

まあ、人生長いんですから、その辺は実際に取引をされてみて、徐々に理解していけばいいんじゃないでしょうか。