初心者でも早くFXで儲けを出すにはどうすれば良いのか

By: Allan Ajifo

FXというのは、日本円で外貨を買い、売買することで利益を上げる一種の金融商品です。日本語で表すと「外国為替証拠金取引」と言い、外貨預金とは異なる商品です。初心者の方でも簡単に始めることができ、株式市場よりも動向を予測しやすいという点で人気が集まっています。FXで儲けを出すためには、必ず「外貨を買った時よりも高い値がついているときに売る」という事が基本となります。

買った時の値より安いときに売ってしまうと、損失が出てしまい儲けにはなりません。例えば、1ドル=100円の時に10ドル購入したとします。翌日、1ドル=110円になっていたと仮定し、全部売り払ってしまえば、100円の利益を出すことができます。しかし、1ドル=90円になっていた場合は、全部売っても900円にしかならず、100円の損失を出してしまうことになります。

これが、FXの簡単な仕組みです。要は、購入した時に比べ、高いときに売り払えば利益を手にすることができるという事です。ただし、FXにはレバレッジやスワップポイントと呼ばれる制度があります。

レバレッジとは、少額の証拠金で最大25倍までのお金を動かすことができる制度です。最大で25倍まで動かすことができるという事は、その分利益が出れば大儲けという事になります。しかし、ハイリスクですので、市場が反発してしまえば、その分の損失を出してしまうこともあります。
次に、スワップポイントですが、これは利息と同じと考えてください。金利の低い通貨を売り、金利の高い通貨を買うことによって生じる利息の事で、保有している期間と金額に応じてお金をもらうことができます。しかし、金利が逆転した場合は、逆に支払わなければならないこともあります。

このように、初心者でも簡単に行うことができるFXですが、レバレッジなどを行ってしまうと大きな損失を出してしまう恐れがあります。なので、常に海外の経済動向に目を向けつつ、上手に外貨を運用していくことが、手っ取り早く儲けを出す方法です。