ニュース時にFXの米ドルよりもリバウンドが発生しやすいポンド

By: Mike Cattell

外貨というものは、それぞれ色々と特徴が異なります。どれも同じような動きをしているように見えて、実はかなり違うのですね。特にイギリスのポンドという通貨などは、なかなか特殊な動きをしていると思います。リバウンドに関する動きなどは、他とは一線を画すと思っているのです。そもそもニュースが発表されますと、FXの各通貨はもちろん大きく動きますね。アメリカの失業率などが発表されれば、少なくとも米ドルなどはかなり大きな動きが発生するのですが。

ちなみにそれは、他の外貨も同様です。前述のポンドも、それでかなり大きな動きが発生します。そしてその通貨の場合は、リバウンド発生率が極めて高いのですね。まず大原則として、ニュースが発表された時にはリバウンドが発生する確率が極めて高めになります。例えばアメリカの必要率が発表されて、米ドルがすごい勢いで下落したとしましょう。よくあるパターンです。ところがその下落はずっと続く訳ではなく、どこかで跳ね返しの上昇が発生する事になります。
それがいわゆるリバウンドなのですが、実は「必ず」発生するとは限らない一面があるのです。上記のように米ドルが急落した後に、しばらくの間低い値段をうろうろしているケースも非常に多いのですね。いわゆる低迷という事になります。

ところがは前述のポンドの場合は、ちょっと話は異なります。急落した後に、かなりの勢いで上昇する事が多いのですね。そして、その確率がかなり高いです。米ドルの場合はリバウンドが発生する確率は、個人的には70%くらいだと感じます。ところがポンドの場合は、90%などを超えているのではないでしょうか。明らかに高めな数字なのですね。それを考慮すれば、やはりイギリスのポンドという外貨はかなり特殊だと思います。そしてリバウンドが発生する確率が高い訳ですから、もちろんそれを狙って売買をするやり方もあります。ですのでFXのポンドは、経済指標向けの通貨の1つなのかもしれませんね。

FXのブログを読むメリットとナンピンの枚数調整の情報

By: GotCredit

私はたまに、FXに関するブログを読んでいます。ちなみに読んでいるブログは、1つだけではありません。色々なブログを読んでみているのですが、それはとても参考になります。それを読んでみると、売買に関するヒントが得られるケースが多々あるからです。

ここ最近では、私はもっぱらナンピンによる売買を行っています。ちなみに以前は、そのやり方での売買を行っていなかったのですね。完全に独自のやり方で売買を行っていたのですが、ちょっとブログに感化されたのです。

ある時に私は、何気なくある方が執筆したブログを読んでいたのですね。それでそのブログ記事の1つに、とても興味深い内容がありました。ナンピンによる利益の方法が書かれていたのです。

最初私は、ナンピンに対してはちょっとネガティブなイメージを描いていたのですね。一歩間違うと大きな損が発生する可能性を秘めているので、とても危険なやり方ではないかと思っていた訳です。ところがそのブログで紹介されているやり方を、先日ちょっと忠実に実行してみました。すると、思わぬ利益が発生したのですね。

そのブログで紹介されているやり方は、枚数調整を強調しています。ナンピンというと、1枚ずつ増やしていくようなイメージを持たれている方も多いかと思います。実際確かにそれも1つの方法なのですが、あえて枚数を多めにしてみる訳ですね。それで上手く調節をしてみると、大きな利益が生じる事が多々あるのです。

現在も私は、経済関連の報道が発表されるタイミングでは、その方法でFXの注文をしています。以前はニュースが発表されるタイミングはちょっと苦手だったのですが、現在の私にとってはむしろチャンス場になっています。ちなみに、いわゆる逆張りを用いる方式になるのですが。
このようにFXに関するブログを読んでみますと、思わぬ有益な情報を得られる事があります。何らかのやり方を学びたいと思うのであれば、ちょっとブログに目を通しているのも一法ですね。

FXはハイリスクハイリターンとローリスクローリターンを兼ね備える。

By: JD Hancock

ローリスクローリターンの投資。いわゆるコツコツ利益を出して行くという投資、今はそういうことも可能なのかもしれません。投資と言いますと、やっぱりすぐに頭に思い浮かぶのが、株取引や先物取引なんじゃないでしょうか。でも、株取引や先物取引で、いったいどうやってローリスクローリターンをめざしていくのでしょうか。そもそもコツコツ利益をだしていくっていうようなものじゃない。どうも割り切れないものでして。

ひとつの考え方として、今、ものすごい勢いで延びておりますFX取引というものがございます。これも確かに一概にはローリスクローリターンの投資と言い切ることはできないんですが、トレードの仕方次第では充分にリスクを軽減して運用していくことも可能なんですね。ここが他の金融商品と違うところなんです。ようはやり方でした。FX取引での利益の出し方は一通りではないんです。一般的には少ない資金でレバレッジを効かせて大きな取引をするっていうのがツウなんですが、これはローリスクローリタンの投資ではございません。真逆のハイリスクハイリターンの投資ですね。

ローリスクローリターンの投資がイチオシだっていうそのわけは、もう、言うまでもありませんね。こんな時代でございますから、安定が一番でございます。だからこそ、スワップポイントで利益を目指すっていう方法がおすすめなんです。これは金利差で儲けるということ。日本は世界の中でももっとも金利が低いとされております。だからこそ、このスワップポイントで利益を目指して行くにはちょうどいいんですね。FXトレーダーの中には、このスワップポイントだけを追ってる方も多い。それだけ儲かる確立が高いということ。

特筆すべきところは、FX取引ってものは、ハイリスクハイリターンの特徴もあるんですが、ローリスクローリターンの特徴も兼ね備えてるってこと。どっちを選ぶかはトレーダー次第でございます。おそらくご自分の最適な投資スタイルというものがあるはずですから、それがすべての原点になるのだとは思います。

まあ、人生長いんですから、その辺は実際に取引をされてみて、徐々に理解していけばいいんじゃないでしょうか。