カードローンの審査で重要視される項目

カードローンを申し込むとき、多くの人が不安に感じるのは審査ではないでしょうか。勤め先や住環境について調べられるのは嫌なものです。審査が嫌で必要な時でも消費者金融を利用しないという人もいます。しかし、あらかじめどのようなものか知っていれば怖くありません。審査はどのような点を見られるのでしょうか。審査の時の情報源となるのは申込書と信用情報機関からの情報です。申込書には住んでいる建物の形態や居住年数、勤め先などを記入する欄があります。この中で重要視されるのが勤め先の情報です。金融会社としては収入が安定していて毎月返済をしてくれる人に貸したいので重要視されるのです。勤め先の企業は大きければ大きいほど有利になります。非上場よりも上場企業のほうがいいですし、マザーズよりも東証一部のほうが好まれます。勤続年数は長いほどいいです。勤続1ヶ月ほどではすぐに辞めてしまう可能性がありますが、長く勤めている人は簡単には退職しません。派遣よりも正社員のほうが有利なのはいうまでもありません。

しかし、小さな会社で派遣社員として働いていても問題なく借りられることも多いです。本当に会社に在籍しているかどうかを確認するため、勤め先に電話をかけることも行われます。自身が不在でも、電話口に出た人が席を外しているなど答えれば大丈夫です。また、消費者金融からの電話だと分からないように配慮して電話をしてくれます。もう一つ重要な情報は信用情報機関の登録内容です。これは過去に利用した消費者金融などの情報が登録されているものです。過去にどれだけ借金をしていても、延滞をせずに返済をしているなら問題ありません。きちんと返済をしてくれる人であると見なされます。過去に延滞をしている人はお金にルーズな人として借り入れができなかったり、少額しか借りられない場合もあります。それまで借金をしたことがないという人は問題ありません。申し込み用紙に過去の借金履歴を書く欄がありますが、嘘をつくとここで分かってしまうため、正直に書くようにしましょう。